世界中に広がるエイズ感染

世界中で感染は広がっています

 

1980年代に現れたエイズは、すごいスピードで世界中に広がっています。
その数はなんと・・・4000千万人にも及ぶといわれています。
今後もこの数は増えていくでしょう。

 

もっとも感染者が多い地域はアフリカで、2600万人と、全体の約65%を占めています。
次に多いのが南・東南アジアで780万人、中南米が180万人、東欧・中央アジアが170万人、
北米で120万人となっています。

 

またエイズによる死者は300万人から350万人になるのではないか、と推定しているようです。

 

感染が急激に増えている危険な国や地域として挙げられるのは、中国、インド、インドネシア、
パプアニューギニア、ベトナム、中央アジア地域、バルト諸国、北アフリカなどがあります。

 

アジアは人口密集地域が多いことが今後の増加への懸念となっているようです。
既にインドでは500万人、中国では100万人の感染者がいるとされています。

 

日本でも患者の数は増加の一歩で、
2012年にはHIV感染者とエイズ患者あわせて2万人を超えました。
また、エイズによる死者は1400人を超えています。

 

新規感染者を見てみると男性の方が圧倒的に多いです。
理由は同性愛者間での感染率が高いことが挙げられ、全体の63%にもおよびます。

 

⇒日本国内で薬害エイズ事件が起きました