エイズウイルスの恐ろしさを知る

エイズウイルスの恐怖

 

エイズウイルスは、ヘルパーT細胞という細胞に感染します。
このヘルパーT細胞は、人間の免疫機構の中心的な役割を担っている重要な細胞です。

 

体内に異物が侵入すると、まずその異物の特徴をヘルパーT細胞が認識します。
そして、認識した情報を他の細胞に伝え、その情報を元に異物に攻撃する抗体を分泌させます。
つまりヘルパーT細胞は司令塔のような役割をするのです。

 

この大事な司令塔が、ウイルスによって倒されてしまうのですから、
他の免疫機構は働かなくなってしまい、ついには免疫そのものが働くなってしまう、というわけです。
免疫が働かなくなってしまうと、当然たくさんの細菌やウイルスが体内に侵入してきてしまいます。
そのため末期のエイズ患者は、肺炎や肉腫、下痢、脳炎など、
普段はかかることのない弱いウイルスや細菌による病気で亡くなってしまいます。

 

さらに恐ろしいのは、エイズウイルスがヘルパーT細胞だけでなく、
腸の細胞や脳細胞にまで感染することです。
最近わかってきたことですが、
エイズウイルスは細胞の表面のレセプター(受容体タンパク質)に付着します。
この受容体の形が、ヘルパーT細胞と腸の細胞と脳細胞で非常に似ており、感染に至らしめてしまいます。

 

しかし、免疫の仕組みはとても複雑で、現代の医学でもまだ全容解明には至っていません。