エイズウイルスが発見されてから

エイズウイルスの発見

 

事の始まりは1981年アメリカ、カリフォルニア州ロスアンゼルスの3つの病院で、
5人の若者が同じような肺炎にかかった、というものです。
この5人に共通していたのは、いずれも免疫機能に異状が見られた、というものでした。

 

当初は、「変な病気が起こっている」とその原因は謎そのもの・・・
また、この5人は同性愛者だったため、同性愛者だけに起こる病気と思われていましたが、
正常な性生活の人にも感染が確認され、その謎は深まるばかりでした。
当然この時、ウイルスによるものという認識はありません。

 

エイズウイルスが発見されたのは1983年から1984年にかけてです。
恐ろしい疾患のため、アメリカの研究者が競って原因究明に当たりました。
そして遂に、アメリカ国立ガン研究所のR・ギャロ率いる研究チームと、フランス・パスツール研究所のL・モンテーニュ率いる研究チームが、それぞれ独立にある原因ウイルスを発見することに成功しました。

 

そのウイルスは「ヒト・レトロ・ウイルス」と呼ばれ、
様々な病気を引き起こすことが明らかとなりました。
例えば日本で発見された成人T細胞白血病の原因ウイルスであることがわかっています。
レトロ・ウイルスは、生体の宿主細胞に侵入しDNAを攻撃してしまうのです。

 

そして何度か名前を変えた後、現在の「HIV」となりました。